二世帯住宅を売却する方法

IKa9Ib2_p6G3TpU1458313513_1458313705

二世帯住宅を売却するには普通の不動産屋に任せる方法だと売却は難しくなります。

その理由は2つ!

  • 二世帯住宅を購入される人の数がケタ違いに少ない。
  • 二世帯住宅を求める人は、新築で自分達の都合の良い間取りを建てるので、中古でを購入する人はかなり少ないから。

なので、よほど販売力のある不動産屋さんを選ばないと安値でしか売れません!

 

でも大丈夫です!

今は以下のようなネット上の無料サービスを使えば、家を高く売ってくれる不動産屋を簡単に見つけることができます。

 

正確な面積・築年数が分からなくても物件に合った業者と査定額が分かる 最高値で売れる価格とその相手を教えてもらえます

(※登記簿などをもとに正確な数字を画面に入力できれば、より確実な最高値をみつけてもらえます。)

 

上記の無料サービスには、全国の膨大な数の不動産屋や転売業者が登録されていて、一度の入力をするだけで複数社からの見積もりが簡単に集められるんです。そのなかで、最も高い値段の見積もりを出してくれた不動産屋こそが、高く売る自信があるところにもなるんです。

 

他の見積りサービスだと「買い取り業者」が登録されていないところも多いです

通常の見積りサービスだと転売業者などが含まれていないのでここは高値がみつかる確立も高くなるんです。ちなみに、最高値の業社は二世帯住宅を高く売る自信があるということなので、過去にも売却をしてきた経験が豊富だと推測もできます。

 

それに、今現在、二世帯住宅を探しているお客さんを抱えているのかもしれません。いずれにしても、まるで二世帯住宅とは無縁の不動産屋に売却依頼をするよりも、何倍もスムーズに売れる確立はあがりますよ!

 

間違っても、「物件の近所だから」なんて理由で、なんとなく近所の不動産屋さんを選ぶなんて事はしないでください。そこが必ずしも高く早く売れる不動産屋 とは限りませんし、もともと二世帯住宅を売ったことがあるのか?買い手の候補者などのリストをもっているか?疑問ですよ。

中古の二世帯住宅は不動産屋次第で高くも安くもなる

もともと、中古で購入しようとする人が少ない物件ですが、なかには新築で建てる予算がない人ももちろんいます。

今は親の介護などのために同居をする人も増えてきているので、良いお客さんさえ見つけられれば、高く売ることも十分に可能なんです。

 

でも、売る不動産屋さんに力が無ければ、大きく値切られて大損してしまう可能性も高いのが二世帯住宅の特徴でもあるんです。活かすも殺すも、業社の営業マンにかかっています。

 

購入費用も、維持費用も、普通の一軒家の方がもちろん安くなりますが、上手に二世帯住宅の良さをアピールできて、過去に購入した家族がどういった点を満足しているかなど、しっかり伝えられる不動産屋さんであれば、売れない訳はないと思います。

 

私の場合、不動産投資の関係上、数多くの不動産屋の営業マンと長いお付き合いをしていますが、誰が売ろうとしても売れない家でも、必ず売ってみせるような腕の良い営業マンって、やっぱりいるんですよね。

 

そんな営業マンも、一括見積りサービスを利用すれば、簡単に見つけられると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ