売家は不動産屋のお盆休み明けから動きだす!

不動産屋さんの多くはお盆休みをとりますが、休み明けから一気に来客が増えます!

 

すでに、売却を依頼している場合は、お盆明けから内覧が増えるので掃除など要チェックです。

 

毎年、秋から翌春までの間は、家を購入したい人が増えるため、中古住宅を探しはじめる人も急増します。

(春までに売れないと、大幅値下げをしてもしばらく売れなくなる事もあるんです・・・)

 

もし、まだ売却依頼をされていない方は、すぐにでも動かないと、ライバル物件にお客さんを奪われ、売れ残ってしまいますよ!

 

ちなみに、不動産屋さんが家を売るには、資料作りや、見込み客への声かけなど、準備期間が必要になります。

なので、1日でも早く頼まないと、せっかくの売却チャンスを逃すことになるんです。

 

ただし、急いで売却をする前に、「家の正しい価値」だけは自分で知っておいてください。

そうでないと、腕の悪い不動産屋(営業マン)だと、とんでもない安値や高値をつけて、大損させられる可能性もあるんです。

 

腕の悪い営業マンに「ズレた売値」で損させられないために、私はいつもここを利用しています!

      ↓   ↓   ↓

高値で売れる業者と査定額が分かります

 

ここなら、高値で売却してくれる業社が簡単にみつかるのですぐに売りたい時はそのまま売却依頼をすればいいのでとっても便利なんです。

 

悪意のない不動産屋さんでも大損させられることはあります

例え、利用する不動産屋さんが地元で評判が良いところだとしても、安心は出来ません!

 

自分の家土地を担当してくれる営業マンが新人さんだったり、営業センスがない人だとしたら、悪意はなくても、変な値段を付けられれてしまうこともあるんです。

 

実際に、私も過去に、相場が2000万円だった家を2500万で売り出しされて、しばらくは内覧者さえ来ないことがありました。

 

そこで、あちこちの不動産屋さんを回ってみたら、「高くても2200万」「早く売りたいなら1800万」程度だと分かったんです。

 

この時、7社の不動産屋をまわりましたが、どこも「無難に売るなら2000万くらい」と言われたんです。

 

当時は、上記で紹介したような便利なサービスはありませんでした。

ですから、自分の足で調べるしかなかったんですが、それを振り返ると、今はホントに便利になったと感じています。

 

それに、最高値の値段をつけてくれる業社も見つけて教えてくれるので、すでに見込み客を抱えているところに出会える可能性も高くなります。

 

(通常、高値を付けてくれる不動産屋というのは、見込み客を抱えていて、売れる自信があるからこそ高値を提示してくれるんです)

 

だから、高く早く売れるという、良いとこ取りも可能になってくるんです♪

 

一年で一番良い時期を利用して、高く早く売却が成功できますことを、願っております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ