家が自分や子供の体に合わないから売って買い換えたい

家が自分や子供の体に合わないから売って買い換えたいという話も良く耳にします。

 

というのも、シックハウスが原因だったり、カビが出やすくてそれが体に悪影響が出たり、なかには原因が分からないけど、明らかに今の家に引っ越して来てから体の調子がおかしくなったという事もあるそうです。

 

家はその構造だったり、材質によっては人体に悪影響を与えることがあります。

 

深刻なレベルにまで体がおかしいと感じたら、すぐに売却をして、別の家に引っ越しをされる事をオススメします。

 

そこで、家の売却を検討される方が次に気になるのは、「家を売ればいくらになるか?」だと思います。

 

以前までは、数多くの不動産屋さんに声をかけて、その平均額を知ることでしか相場を把握することはもちろんのこと、どこが最高値で売ってくれるかも、知りようがありませんでした。

 

今なら、最高値で買い取りしてくれる相手を簡単に見つけてくれるサービスがあるので安心です!

      ↓   ↓   ↓

高値で売れる業者と査定額が分かります

 

ここなら、最高値のところを見つけて教えてくれるので、「売却する!」と決めたらそのままそこに依頼するだけで迅速に売却ができます。

 

家を売る時に体調の不具合も告げた方がいいの?

その必要はありません!

 

なぜなら、家と体の不具合に、決定的な因果関係が分からないからです。

 

もちろん、確実に分かっている場合には、その原因によっては告げておかないといけませんが、ただ単に、自分だけが体質的に合わないのであれば、とくに告げる必要はありません。

 

下手に、不動産屋さんに言ってしまうと、過剰に心配されて、家が売れなくなる可能性が出てきます。

 

他の誰が住んでも平気な家でも、よけいなマイナスアピールをしてしまうことで、不動産屋さんで情報がストップされて、誰一人としてお客さんには紹介してない・・・なんて事もありえます。

 

家族全員が体調がおかしくなるなら話は別ですが、たまたま1人がそんな事になるのは、単なる相性とも言えるので言わない方が得策です。

(誰が聞いても、怖がって買ってくれなくなります)

家にいると体調が悪くなるのは家の近所が原因かも

家に帰宅すると、どうも体調が悪くなるという場合には、もしかすると、家そのものには原因がなくて、家の近所に原因があるのかもしれません。

 

例えば、隣近所の庭木からアレルギー物質が飛来してたり、近所の工場から化学物質が飛来していたりと、そんな事もありえます。

 

でも、そういった他人を相手に訴訟を起こすとなれば、それなりに原因特定と科学的根拠などを立証する必要があり、訴訟だけでも莫大なお金がかかります。

 

それに、訴訟に勝てたとしても、大したお金をもらえるわけじゃなかったりもします。

そんなストレスを感じながらいたら、ますます体調が悪化しちゃいます。

 

なるべく早くに、別の環境に住まいを移されるのが賢明です。

まして、家族のなかで1人だけの調子が悪いとか、子供だけが調子が悪いという場合には、なかなか訴訟で勝つには難しいと思います。

 

ひとまず、家の売値のチェックをして、今後のための参考にしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ