家のローンが払えない時

家のローンが払えない時、「もしも家を売ってローンが無くなればいいのに」と思ったことはありませんか?

実は、ローン途中の場合には、家や土地が担保設定されていることが多く、その場合には、担保から外してもらわないと人に売ることはできないんです。

ローン中の家も売る事ができます

実は、ローン返済中の家で、担保にもなっていても、ローン会社の許可がもらえれば売ることはできます。

(大抵の場合には、許可が出るみたいですよ)

 

まず、ローン会社に電話などで連絡を入れて「家を売りたい」と伝え、許可をもらうようにしてください。

許可の証拠を残すためには、FAXで返答をもらうとちゃんとした証拠が残せて安心です。

ローン返済中の家はどうやって売るか?

売る理由が「ローンの返済ができない」という場合、その状況によって売却方法が分かれます。

まだ滞納もしていない時は、不動産の一括見積もりサービスを利用して、高値で打ってもらいましょう。一括サービスを使うことで、複数の不動産屋に同時に依頼ができるのでとっても効率が良く、しかも高く売れる傾向があるんです。

すでに滞納をし始めている場合

すでに滞納中の場合には、うかうかしていると、家は競売にかけられてしまい、最悪の場合には、評価額の3割程度という激安で流れてしまいます。

だから、競売に流れる前に→ スタイルエッジ

 

ここは、全国対応をしている任意売却に強いサービスになっています。

任意売却を選ぶと、競売よりは高く売れやすくなりますし、競売のようにすぐに引っ越しを求められる事もないんです。もしこういったものを利用せずに放置していると、あっという間に競売に流れて安く売れてしまいます。

住宅ローンが残ってしまった場合、当然、これからも残りの住宅ローンは払い続けないといけません。これが一番最悪のパターンになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ