家売却 いつお金が手に入るか?

家を売却したお金がいつもらえるか?この「いつ」によっては家売却を諦めないといけない人や、買い替えのための資金繰りを考えないさないといけない人など、状況は一変してくると思います。

そこで今回は、家売却をする人が、いつのタイミングで購入者からお金を手に入れることができるか?について分かりやすくご紹介します。

さらに、万が一に買い手が先払いができなくなった時でもあなたが困らないで済む対処方法も紹介しておきますね。

家売却でお金が手に入るタイミングはいつ?

家売却でお金が手に入るタイミングは、ほとんどの場合は売買契約を結ぶタイミングです。

ただし、全額が入るわけではなくてまずはこの時点では半分が入るのが一般的です。

つまり、家の引き渡しもまだだし、登記簿上の名義もまだ売り主であるあなたの名前のままの状態で先に売却額を全てもらうのは難しいってことです。

もちろん、これは法律で決められているわけではないので、お互いの話し合いで決めることも可能です。ただし通常は全額を先にもらうことは現実的じゃないですね。

 

(人気の記事です 参考にどうぞ)

今の売却額が本当に正しい売値か確かめてみませんか?

→ 家の売値をネットで無料査定してくれるサービス

ローン途中ならこちらもどうぞ

→ ローン途中の家を売る

イエウール 利用者満足度は驚異の98%!
ofL3SlPxqrQenvH1445435777_1445436055
  • 物件に合った業者がすぐ分かる!
  • 家を見せずに査定価格が分かる!
  • 全国1500社超の業者が登録済
  • 面積や築年数は”およそ”でもOK
  • 匿名・無料で安心

今すぐ家の最高値を知ってみる

 

全額を先にもらうことが難しい2つの理由

1つ目ですが、これは支払いをする側の立場になれば分かりやすく、先に全額を払ったのにいつまでも引き渡しをしてくれなかったり、引き渡し期間を先延ばしされたり、相手が高齢の場合には死亡されて面倒なことになるリスクがあるからです。

だから、せめて売買額の半分を払うのが心理的にも限界というのが世間一般の価値観のようです。

とは言え、法律で決まってないので交渉次第では全額を先にもらうことも可能性はありますよ。

2つ目の理由は、購入希望者が住宅ローンを使うことが関係してきます。住宅ローンを利用する場合は購入希望者には支払いタイミングを無理できる権限はなくて、ローン会社次第になるからです。

なので、ローン会社がOKしなければ先払いは不可能となります。

普通に考えれば、ローン会社からしても法的に他人名義の状態の不動産に対して、なんの保証もないのに先にお金を払うメリットは微塵もありません。むしろデメリットでしかないわけです。

なので、僕の経験上からも、家売却の代金を先払いしてもらうには相手が現金払いができるくらいの経済力がないと難しいと思います。

もちろん、なかには購入希望者の親がお金を貸してくれる場合もあるし、経済的に裕福だけど中古住宅を買う人などいろんな人がいるので、先に払ってもらえる可能性はありますよ。

家売却のお金を先に全額入れてもらった知人の話

家売却をする際に売買契約の時点で全額を払ってもらった交渉上手な知人がいます。

ちなみに、この知人は最初に売値をちょっと強気な高い価格を付けいました。値引きが入ることを想定してのことだったそうです。

そして購入希望者が2,280万円の売値に対して80万円の値引き要求をしてきた際に、どうせ拒否するだろうと「売買契約時に全額払ってくれるならOK」と突っぱねてみたら、意外にもあっさりOKをされたという流れがあります。

もともと値引きには応えて売却する予定だったので引き渡し前の先払いには驚いたそうです。

プロセスは違っても「先払いしてもらえた」という結果はこれで良いわけですよね!

なので、値引きなどの交渉材料に先払いを使ってみるとすんなり通る可能性はありそうです。

先払いしてくれる予定の人がキャンセルした時の対処方法

家売却の条件に先払いをつけていて、どうしても先払いしてくれないと困るという場合には、1人目の購入希望者が先払いできなくなった時点で2人目の購入希望者を見つける必要がでてきますよね。

※先払いしてもらえないと困る背景は人によっていろいろなのでこの際は省略してきます。

通常だと、家のような高額な売買では先払いしてくれる購入希望者はそう簡単には2人も3人もみつけることはできません。

特にそれが1社の不動産屋だけに売却を丸投げしている場合は特に難しいと言えます。

でも大丈夫です。

不動産の一括査定サービスを利用してネット上で複数の不動産屋に声をかけて「先払い」の条件を満たしてくれるお客さんを紹介してもらえば、1社だけに相談した場合よりもはるかに購入希望者が見つかりやすくなります。

特に、最初にこうした一括査定サービスを利用して不動産屋を選んでおけば、話が流れた時でもすぐに別の不動産屋に事情を説明することで購入希望者を紹介をもらえる可能性がぐっと広がります。

ただし、この時に注意が必要なのが、依頼している不動産屋との契約が「他社に声はかけてはいけない」という内容になっているかどうかです。

これは専属専任媒介契約というものですが、これ以外にも専任媒介契約も難しくて、可能性があるのは一般媒介契約の場合のみです。

ただし、どんな契約をしててもその契約は期間があるので、とりあえず不動産屋との契約が期間満了となれば、そのタイミングでいくらでも多くの不動産屋に声をかけられるようになるので安心してください。

まとめ

家売却をしたらいつお金が入るか?これは結局、購入希望者によって決まります。

普通に考えれば家売却のお金がいつ入るかは、売買契約時に半分、そして登記移転も完了してから残り半分といった具合です。

ただし、いつお金が入るかは交渉次第とも言えます。

値引きに応じる交換条件にして上手くいった人もいるので諦めないでください♪