家を売る 一括返済


家を売るには一括返済が必要なケースがありますが、払えるかどうかの見極めと一括返済のコツを知らないと大変ですよ!

 

うっかりしてて「やっぱり売れない」なんてことになれば、手付金の2倍の違約金を払うことになるリスクがあります。

それに、最悪の場合には損害賠償を請求されるリスクもあります・・・。

 

でも大丈夫です。一括返済を成功させるための方法や一括返済のための基本的な対処を紹介しますので参考にしてみてください。

家を売る 一括返済が必要なケース

家を売るのにローンが残ってる場合には一括返済が必要となります。

 

一括返済が必要な理由は、売ろうとしている家や土地がローンの担保になっているからです。

 

担保とは、あなたがローン返済できなくなった時に、払ってもらう代わりに譲り受ける資産のことです。「払えないなら担保(家や土地)をもらうよ!」というイメージです。

 

なので、代わりになる物を勝手に処分されないように、担保物件はローン会社の名義になっています。

 

これは法務局で調べればすぐ分かりますが、土地・建物の登記簿の所有権の欄にローン会社の名義が書かれているので誰でもすぐに分かります。

家を売るのに一括返済できるかどうかの見分け方

まず、ローンの残高を確認し、次に家の売値がどの程度か?をネットの一括査定などを利用して調べます。

 

あとは、預貯金などと売れる見込額の合計が、ローン残高より大きいなら一括返済は可能という判断ができます。

以下、判断基準のイメージにどうぞ。

 

・一括返済できるパターン

ローン残高<(売値+預貯金など)

 

・一括返済できないパターン

ローン残高>(売値+預貯金など)

 

ローンが残ってる状態で家を売る方に人気の関連記事です→ ローン途中で家を売る

 

家を売るのに一括返済が飛躍的にしやすくなるコツ

家を売るのに一括返済が必要な場合、少しでも返済が楽になれば嬉しいですよね。

そこで、家を売り慣れててファイナンシャルプランナーでもある私が紹介しますコツは「家を高く売るコツ」です。

急ぐ方はこちらをどうぞ  → 家を高く早く売るコツ

家を売るのに少しでも高く売れれば、高く売れた分だけ一括返済時の負担も軽減されます。

 

でも、多くの人は高く売れるコツをしらないので本来の価値よりも安く売ってしまっているんです。

 

実は、不動産屋によって扱う家によって売るのが得意か不得意などが違ってくるため、売値も違ってくるんです。

つまり、得意とする不動産屋を選べていなければ、本来の売値よりも300万円や500万円も安く売られてしまうリスクがあるということです。

 

不動産屋は売れるまでは手数料収入が発生しないので、早く売ってしまいたい不動産屋はわざと安い売値で売却してしまうところもいます。

また、誠実な不動産屋でも、2,000万円で売る自信がないからという理由で1,600万円で売ろうとする場合もあります。

 

こんなところに売却依頼してしまうと、もうそれだけで手に入るお金が数百万円も減るわけですから、一括返済も厳しくなりますよね・・・。

 

そこでネットの一括返済サービスを利用すれば、優良業者ばかりのなかから5社分などの査定を簡単にもらえ、その中で最高値で売ってくれるのがどこか?いくらか?がすぐに分かるので便利なんです。

 

ちなみに、一括査定サービスに登録されるには、事前に厳しいチェックをされているため悪徳業者などは入っていません。

 

査定をもらったからと言って、しつこい営業をされる心配はありませんし、無料・匿名で利用ができるのでプライバシーも守れます。

 

私もローン途中で家を売る時(買い換える時)は、まず最初に一括査定で査定を集め、その最高値の金額とローン残高を比較するところからスタートしています。

一括査定はローン利用先の銀行に相談する前にもらうのがベスト

一括査定をもらっておけば、あなたが売ろうとしている家土地の正しい最高値や相場額を簡単に把握することができます。

 

実は、この査定は、銀行などに「ローン途中で売ろうと思います」と相談する前に利用しておくのがベストなんです。

 

なぜなら、銀行やローン会社から「家の買取りもしますよ」と提案されることが多く、なおかつそれが相場額より安いことが多々あるからです。

 

銀行やローン会社は市場価格よりも何割も安くあなたから買取りをした後に、相場額につり上げてから転売する業務もしているからです。

ローン利息で儲け、買取りした家の転売でも儲けるといった具合です。

 

でも、買取り提案をされた際に、あなたが事前に最高値や相場額さえ把握していれば大損させられずに済みますよ。

一括返済できない時の最終手段

家を売るのに一括返済ができない時の最終手段は、「払い切れないローン残高」を次に買う家のローンに組み込んでもらうやり方となります。

 

例えば、ローンが2,000万円残ってた家を1,500万円で売ったとします。

で、事前に500万円くらいは払い残ることを新居のローン担当者に話をしておけば、その500万円は新居のローンに組み込んでもらうことも可能というわけです。

 

ただし、これだと新居の方は本来のローン額よりも500万円大きくなってしまうので、担保を多く求められたり、ローン審査そのものの難易度が上がる可能性があります。

 

いずれにしても、絶対に欠かせないのが一括査定サービスを利用しておいて少しでも高く売るということです。

 

 家の売値の最高値と業者名が分かります→ 日本最大級の一括査定サービス

サブコンテンツ

このページの先頭へ