銀行に家を売りたいと思ったら

銀行に家を売りたいと思ったら、まず最初にやらないといけないことが自分の家の正しい売値を銀行に声を掛ける前に知っておくことです。

自分の家の正しい売値を知らずに銀行に相談に行ってしまうと銀行に二束三文で安く買い叩かれてしまうのがオチです。

 

そこで、私も必ず利用しているのが匿名・無料で家の売値相場と最高値が分かる一括査定です。

→ 家の正しい売値とその業者名がすぐ分かります

 

家の正しい売値を知らずに銀行に行くことのリスク

私は戸建てを利用した大家業をしていまして、全国にもたくさんの大家仲間がいますが、皆が口を揃えて言うのが、「不動産屋を頼って売るのが最高値になるのは間違いない」ということです。

 

不動産屋さんに任せて売れば、家の買い手は大抵は一般の人になります。一般の人が買い手になるということは、激しい安値を求めてきたり、厳しい値下げ交渉をしてきたりすることがないので、まともな価格で売れやすいんです。

 

それに、一般の人というのは、欲しいと思った家はどんどん魅力的に見えてくるため、相場が2,200万円の中古住宅に対して2,500万円の売値をつけてても平気で買ってくれることだってあります。

 

これが銀行が相手となれば、徹底的にあなたの家の本当の価値を把握し、そこから更に、転売利益を稼ぐために何割も安い値段を提示してくるわけです。

銀行があなたの家を安く買おうとするのは当たり前のこと

銀行だって、あなたから買い取りをした後に別の人に売って儲けを出さないといけないので、少しでも安く買おうとするのは当然のことです。

 

ただ、問題は、銀行が安く買い取りをしようとした際に、あなたが自分の家の正しい価値を知っていなければ、相場よりも200万円や300万円、場合によっては500万円以上も安く買われて大損をしてしまうリスクがあるということです。

 

事前に相場を知ってさえいれば、「その値段なら不動産屋さんに頼んで売ってもらいます」と断ることができますよね。

銀行以外に買い取り業者や不動産屋に声をかける前にも相場は知っておくべき

実は、声をかける前に自分の家の正しい相場を知っておかなければいけないのは、銀行に相談する場合に限りません。

「家の買い取り業者」や「不動産屋」に声をかける前にも知っておくべきなんです。

 

買い取り業者も銀行と同じで、なるべく安く買い取りしようとしますし、不動産屋も、安く売っててっとり早く売買手数料を稼ごうとする悪徳業者や営業マンもいるので、相場を知らずに声をかける危険度は似たようなものだからです。

 

それに、相場額を知ってて話をすれば、相手の業者にも「この売り主さんはしっかりしてる」とプレッシャーをかけることもできるので、足元を見ていい加減な対応をされる心配もなくなります。

 

過去の私の体験上、不動産業者のなかには、こちらに売り家の相場知識がないと分かれば、好き勝手な無謀な売値をつけようとする人がいたり、、自分の知り合いに安い値段で売ってあげようとする悪徳営業マンもいました。

 

それに、いくら誠実な不動産屋を選べたとしても、その営業マンの腕が悪ければ、売れるはずのない相場とズレた高い値段をつけて1年も2年も売れなくなるという事態や、うっかり安い売値をつけすぎて、あなたも営業マンも気づかないうちに、安値で売買契約が完了してしまう事態もありえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ