不動産の名義変更をすることはいろんなケースがあると思います。親が存命のうちに子の名義に変更をしておくことで後の面倒を避ける配慮をする場合や、相続の場合などもあると思います。

そこで今回は、家や土地の不動産名義変更について、そもそもどんな行為か、費用や変更のやり方についてご紹介します。

不動産の名義変更とは

不動産というものはどんなものでも必ず誰かの名義となっています。そのため正式に自分のものにする際には必ず名義変更を行わなければなりません。

不動産会社を通して不動産を購入した場合は、すべて不動産会社の方で手続きを行うため特に名義変更について自分で手続きを行う必要はありません。

ただし、個人的に不動産を譲り受けた場合や遺産相続などで不動産を譲り受けた場合などは自分か専門家に依頼して名義変更を行う必要があります。

では、実際、不動産の名義変更とはどういったものなのかというと、法務局で管理されている登記簿の所有者名義を変更(所有権移転登記)してもらう手続きのことです。

そして、この不動産の名義変更を行う方法は専門家に依頼する方法と自分自身で行う方法の2パターンがあるわけです。

→ 土地の名義変更をざっくりまとめた記事もどうぞ

不動産の名義変更にかかる費用はどのくらい?

次に不動産の名義変更を行う際にどの程度の費用が必要になるのかご紹介します。

「自分で行えば費用が発生しないのではないか?」と思われるかもしれませんが、自分で行う場合も費用は多少は発生してしまいます。

とは言っても専門家に依頼するよりも安く済ませることは可能です。

イエウール 利用者満足度は驚異の98%!
ofL3SlPxqrQenvH1445435777_1445436055
  • 物件に合った業者がすぐ分かる!
  • 家を見せずに査定価格が分かる!
  • 全国1500社超の業者が登録済
  • 面積や築年数は”およそ”でもOK
  • 匿名・無料で安心

今すぐ家の最高値を知ってみる

 

専門家に名義変更を依頼する場合の費用

不動産の名義変更の場合、司法書士に依頼することが一般的となります。では、実際に司法書士に依頼したらどの程度の費用が必要になるか不安ですよね。

不動産の名義変更のみ依頼した場合は、3万円から5万円が相場になっています。

ただし、この場合、不動産の名義変更に必要な書類は自分自身でそろえることが前提になります。書類の内容としては住民票・印鑑証明書などです。

次に住民票など各書類の手配もすべて司法書士に依頼するといった場合の相場は7万円から10万円となります。

この場合、自分で市役所などに行き書類をそろえる必要はなく、すべて司法書士に任せることができるので非常に便利になっています。

そして、もちろん、これらはすべて司法書士に対する報酬となります。そのため不動産の名義変更に必要な費用は別途必要になってきます。

自分で名義変更を行う場合の費用

では、自分で不動産の名義変更を行う場合は、どの程度費用が必要になるのでしょうか。

基本的に司法書士に支払う費用はすべてカットされ、不動産の名義変更を行う際にかかる費用。そして交通費が主な出費となります。

必要書類の発行手数料は戸籍謄本450円・住民票300円・登記簿600円・固定資産税評価証明書300円・戸籍の附票300円・改製原戸籍750円・除籍謄本750円・不在住証明・不在籍証明300円となります。

ここまでの出費は約3,000円ほどとなり司法書士に依頼するよりかなり安いです。

合わせて登録免許税も発生しまうがこれは税金なので誰が手続きしてもこれは安くなりません。

これは、不動産の名義変更を行う手数料となり、税率は評価額の0.4%(1000分の4)~2.0%(100分の2)と定められています。

国税庁によると相続・法人の合併による所有権の移転で1000分の4。所有権の保存で1000分の4などとなっています。

以上の費用が自分で行った際に必要になります。

不動産の名義変更を自分で行う場合

不動産の名義変更は自分で行うことは可能ですがかなりの時間と労力が必要になります。

各種書類を揃えることになりますが、すべての書類が簡単にそろうとは限りません。

そのうえ法務局は平日の8時30分~17時15分のみとなります。

自分で不動産の名義変更を行う場合、1回ですべて行うことは難しく、わからないことを確認しに行く。そして、申請する。不備があれば、再度、手続きを行うなど数回は法務局に行く必要があります。

必要書類を揃えることから始めるとかなりの時間が必要になってしまうこともあります。

不動産の名義変更を専門家に依頼するには?

面倒なことはわからない!忙しくて時間がない!という人には、専門家に不動産の名義変更を依頼することをおすすめします。

方法としては、司法書士が在籍する事務所に相談することになります。もし知り合いにそういった関係の仕事の人がいた場合、相談されると良いと思います。

また、司法書士などの知り合いがない場合でもホームページなどから近くの事務所を調べ依頼することが可能です。まずは電話などで問い合わせし、費用の面など直接、確認することをおすすめします。そうすることで、その後、費用でのトラブルを避けることが可能です。

あとは、司法書士の言う通り必要なものを揃えれば、すべてお任せすることが可能です。

まとめ

実際、私の場合には夫の父が亡くなった際、姑に自宅の名義変更を手伝うように言われました。

しかし、始めてみると全くの素人である姑と私の2人で不動産の名義変更を行うことなどできないと感じました。

そのため、揃えることができた書類をもって、ネットで調べた司法書士に依頼することになりました。

確かに費用は必要になったものの最初から司法書士に依頼しておけばよかったと思っています。それほど、自分で行う不動産の名義変更は大変になっています。