家の買い替えは売るのが先か購入が先か

家の買い替えは売るのが先か購入が先か

私は不動産投資をしている関係上、沢山の家を売買してきましたが、その経験上オススメなのは、「売るのが先」です。

売れる値段によって、次の家の購入予算が大きく異なるからです♪

 

腕の良い不動産屋さんを利用すれば、思っていたよりも高く売れることもよくあって、そんな時、先に新しい家を買ってしまっていたら、「もっと予算があれば違う家がよかった」なんて後悔することにも繋がります。

 

反対に、売れた値段が想像よりも安くなってしまったら、先に購入してしまった新しい家が経済的に負担となるリスクもあります。

 

そこでオススメなのが、家を高値売却してくれる業者と査定額が分かるものです。

ぜひ参考にどうぞ→ 日本最大級の見積もり(無料)サービスです

 

家を高く早く売却するには、いかに沢山の相手に情報を広められるかがカギになります。

自力で業社をまわっても限界がありますし、訪問した業社が優良なところかどうかはまるで判断がつきません。

 

そんなリスクや無駄を回避するためにも、一括見積りサービスは今の時代には欠かせないんです。

 

次の家を買って引っ越しできればベスト

次の家を購入するのに予算が十分ある場合なら、購入したい家がすでにある場合には、先にそちらを買って、引っ越ししてしまうのが最高です♪

 

空き家になっている方が、中古戸建てを売るには売りやすいからです♪

 

買い替えをされる方の多くは、まずは今の家が売れてから、その資金をローン残高の返済にまわしたり、次の家の購入費用にまわすケースが多いと思います。

 

でも、それだと、家に住みながら内見者を迎え入れる必要がありますよね。

それって、人によっては嫌うので(私も嫌です)、どうしても内見率が下がります!

 

当然、内見率が下がるということは、売れにくくなります。

 

売れにくい家は日増しに売れなくなる恐怖

売れにくい家は、不動産屋の営業マンからすれば、無駄足の物件というイメージが強くなり、次第に、紹介すらしてもらえなくなります。

 

営業マンにもノルマがありますし、個人運営されている不動産屋さんからしても、どうせならすぐに売れそうな家を仲介して、てっとり早く売買手数料がもらえる方が良いに決まっています。

 

でも、腕の良い営業マンや、見込み客になりそうな人のリストを沢山持っているデキル不動産屋さんなら、そんなに多く無駄足を運ぶこともなく、ある程度の期間で購入者を見つけてくれるものなんです。

 

腕の悪い不動産屋さんにさえ頼まなければ、いつまでも売れ残ってしまう心配もありませんよ。

 

で、そんな腕の良い不動産屋や営業マンを見つけるには、ネットの一括見積もりサービスを利用すれば簡単に見つかります。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ