家を高く売るために外壁塗装をする

家を少しでも高く売るために、外壁の痛みが激しい場合には塗装をすると物件の見た目を一気に向上させられるので高く売るためにとても有利になります。

ただし、ここであまりお金をかけてしまうというのも、もったいないです。IMG_5862

 

少しでも安くするためには、沢山の業者から見積りを集めて、納得できる価格を見つけることが大切になってきます。

 

そこで便利なのが、一度の入力で選び抜かれた優良業者から見積りを簡単に集められる方法なんです。

 

以下の、2つのサービスを参考になさってみてください。

無理な営業もされませんし、「とりあえず見積りだけでも見てみたい」という場合にもオススメですよ!

1位 外壁塗装 駆け込み寺 81万円安くなった例も!

価格チェックはこちらから!

全国対応で利用者が10万人を突破しました!

TELとだいたいの床面積が分かれば、入力は10秒で終わります!

優良施工業者だけが登録されています。また、こちらからの営業もありません。

価格チェックはこちらから!

2位 外壁塗装の窓口

価格チェックはこちらから!

1. オンライン見積りスタート
依頼をしたい外壁の面積を入力して匿名見積りに申込み。入力は約30秒!

見積り結果が届きます。
もちろん、無理な営業などもありません。

見積り結果を比較して、気に入ったところに依頼するだけです。

価格チェックはこちらから!

外壁塗装は全面しなくても良い場合があります

これは私が実際に行った体験談なんですが、もしも、対象物件が、隣の家と1m程しか離れていないようなぎゅうぎゅう詰めの物件の場合でしたら、最も費用を抑えられて、そのうえ、安い塗装費用で見た目を向上されられるオススメの方法があります。

それはに主な前面道路から見える1面だけを塗装するという方法です。

こんな感じです。 (ぎゅうぎゅう詰めの密集地だとよくありますよね!)

IMG_2045(1)

建物の1面だけが道路に面していて、あとの3面は入り込まないとよく見えないような家です。

このような場合ですと、2階建ての一軒家でも1面だけの塗装なら8万円もかからずに済むこともあります。

これが仮に4面全て塗装となれば、いくら割安になったとしても25万~30万はかかりますのでとてもリーズナブルです!

しかも一見すると新築のように綺麗になります。

不動産投資で世界的に有名なドルフデルースやロバートキヨサキなども、こういった塗装による見た目の印象を上げて、売値も上げるということは推奨されているくらいで、世界中で有効な手法としてしらえています。

人と会った時の印象が最初の数秒で決まる事と同じで、家を売る時も、見学に来た人に数秒で良い印象を与える事が何よりも大切なんです。

塗装よりもガルバリウム鋼板で今どきに見せる方法もあります

塗装しただけではパッとしないような壁の場合には、現状の壁の上からガルバリウム鋼板を施工してもらう手もあるんです。

最近の新築の家には全ての壁がガルバリウム鋼板というところもあるので、これなら築20年近いような家でも、新築同様の見栄えにすることもできます。

 

私も実際に3F建ての家の1面だけをガルバリウム鋼板で化粧した仕事に関係したことがあるので、その効果の大きさは実感しています。

 

不動産の価値は、「見た目」が左右する事がとても多いんですが、それは資産価値を上げるためじゃなく、売買業者がいかにお客さんに売りやすくなるか?という点に最大の貢献をするからなんです。

 

例え築年数が古くても、目に見える部分が新築同様なら200万円や300万円も高く売ることも十分に可能ですし、なにせ売れるまでにかかる時間もぐっと短くすることも可能になってきます。

 

反対に、見た目にも魅力がなさそぅな家の場合、不動産屋さんがいくらお客さんを連れてきてくれて見せてくれても、いつまでも買い手がつかない事も珍しくありません。

 

何年も売れないなんてことは今どきは当たり前にあるんです。

しかも、売れないからと言って、安易に値下げをしてしまうと、安すぎる事も不審がられてよけいにお客さんも興味を失うと言われているんです。

 

これは不動産にかぎらず、商品を売る時にはあてはまる現象らしくて「適正価格」が最も無難だとか!

 

物件を見ずに買う人はいません。ですので、家を欲しいと思っている人をいかに沢山連れてきてもらえるか、これがカギになります。

最も怖いのは、不動産屋さんがお客さんを連れてきてくれなくなることです。

 

見た目がボロいままの物件の場合には、不動産屋さんもあまりノリ気にはならないものです、ですから、ちゃんと胸を張って連れてきてもらえるようにある程度の家の見た目は整えてあげる事も大切です。

 

ただし、注意しないといけないのは、外壁塗装・施工の業者によって価格が大きく違ってくるという事です。

 

これにはいろいろな理由があって、たまたま、希望する塗装材料の在庫が多目にある業者なら、安くしてくれる事もあります。

また、業者のスケジュールの混み具合などによっては安くなることや割高になるなど変化もあります。

 

これらの中から、同じ仕事をしてもらっても安くなる所を見つけるためには、なるべく多くの業者から見積りを集めて、比較するしか探しようがありません。

 

昔はとても面倒でしたが、今は上記でもご紹介しましたように、ネットで一度の入力をすれば簡単に見積りを集められるようになっているんです。

→ 上記の見積もりランキングに戻る

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ