家を売る時に不動産屋に頼む3種類の契約方法

家を売る時には不動産屋に頼むことが一般的ですが

その際に、以下の3つのタイプから依頼方法を決めることとなります。

・専属専任媒介契約

・専任媒介契約

・一般媒介契約

まず、専属専任媒介契約は1社の不動産屋にしか依頼できない方法です。

これだと、例え自分で買い手をみつけたとしても、手数料を払わないといけないんです。

ただし、これは不動産屋にとっては1番美味しい条件なので、何気なくこの方法を勧めてくる事もあるようです。

 

次に、専任媒介契約ですが、これは上記の専属専任媒介契約より、少しだけ自由があり、自分が見つけた買い手に売る時は、手数料は払わなくてもいいんです。

 

最後に、もっとも多く利用されているのが、一般媒介契約で、これは何社の不動産屋に頼んでも良いものになります。

自分であちこちの不動産屋に声をかけられますし、不動産屋としても、仲間の業者などに広く声をかけて、少しでも早く高く売れるように動くことができるんです。

でも・・・、どの方法を選んだとしても今の時代には力不足なんです。

というのも、今は、自分の住んでいるエリアの不動産屋にいくら沢山声をかけて動いてもらっても、それが最高値で売れるとは言い切れないからなんです。

 

今の時代は、ネットで簡単な情報を入力するだけで、全国の大手などを対象に高値で買取りしてくれる業者を簡単に見つけられるようになっているからなんです。

こちらで見つけられます→ 不動産一括査定で最高価格と業者名が分かる

 

今まで私も、不動産投資をしている関係上、何軒もの家を売ってきましたし、全国にいるたくさんの投資家仲間もここを使っているんです。

これを知るまでは、不動産屋に自分で声をかけて、一生懸命に動き回っていたんですけど、もうそんな事は必要のない時代になっていました。

実は、不動産って、まったく異なる県からも探している人もいますし、業者さんもいるんです。

 

こういったサービスを使うと使わないとでは、簡単に100万も200万も売値が違ってくるんです。

しかも、売れるまでのスピードも随分と早くなります!

 

もしも、普通の不動産屋さんだけに依頼した場合ですと、売るチャンスを逃してしまうと、何年も売れずに年々価値が下がり、何百万円も捨ててしまうことにもなるのでご注意くださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ